スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エンジェルレスラーss

カーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーン
試合の開始を告げる鐘の音が再び響き渡る。
「生意気生意気生意気なのぉぉぉぉぉ!!!」
「甘いよ……ほらっ!」
突進してくるパトラめがけて、ショートレンジラリアット。首ではなく胸を狙って薙ぎ倒す。
「あああっ!うぅ・・・しまったなの・・・」
ラリアットを正面から受け、マットに倒されるパトラ。
「まだまだっ!こんなものじゃ済まさないよ」
起き上がろうとするパトラの胸めがけてのケンカキック
「きゃあああっ!なの・・・」
これも避けられず、まともに受けてしまう。後ろに吹き飛ばされ、背中がコーナーポストに激突。普段のパトラなら猪突猛進な攻撃は行わない。新たに現れたフレイの存在がパトラの計算を乱していた。
「きゅ???なの・・・ふぎゅ???」
「おっきろーーーーーっ!!」
コーナーにダウン中のパトラ目掛けての渾身のヒップアタック。頬を赤らめながらもグリグリと姉の遺恨を晴らすかのようにコーナーに擂り潰す。
「はぁぁっ……だめ……あああんっ……こんなに、上手くんんんっ!いくなんて思わなかったの・・・」
「なに負け惜しみをっ!?うぁあ・・・・!!」
前のめりに倒れるフレイ。その尻には深々とパトラの指が刺さっている。
「・・・・・・っ・・・・・・・っ!?・・・・」
尻をあげ、ひくひくと衝撃の余韻に震えているフレイに対し、無言で尻の指をさらに埋め込む。
「う、ぅうう・・・・!!!」
おなかを押さえ苦悶しているフレイ。全身に行渡る衝撃に持ち上がる尻も震えているが・・・そこに、尻肉に手を置いたパトラが。ちょうど開いた谷間を押さえるように手を置き・・・・ずどむ!!!!とさらに指を突きこむ。
「おぉぉぉおおぉぉぉぉぉおぉぉお・・・」
「ちょぉぉぉぉぉぉっと油断したなの。これぐらいで調子に乗ってもらっては困るなの」
ずどむ!!!・・・・どむむ!!!!・・・衝撃は1回で終わらず、断続的に挿入されていく。
「うぇぇええええぇ・・・・・ぇえええぇええぇ・・・・!!!」
白目を剥きながら続く衝撃に震えるフレイ。尻穴からの衝撃が続く以上失神も出来ずにパトラに責め続けられている形だ。
「ひぃいぃいぃぃぃいいぃッ!!!!」
さらに表情を歪め、悲鳴を――情けない悲鳴を上げてしまう。
「や・・ぁ・・(グリングリン・・・)・・・・・・・・・???????????ぅあああああああぁあぁっぁああ?????」
パトラの指がさらに尻穴をコリコリと掻き乱す。吼えるような悲鳴を上げ続け、がくがくと体が揺れる。手首をスナップさせ、フレイに尻を高く突き上げさせる。腰を片手でロックしたままクイクイと指を曲げては動かし、爪が粘膜を掻いていく。
「ふふ、いくら天使でもこれは耐え切れないなの」
白目を剥いて、舌を突き出し、涙と涎をごぼごぼ零す脱力しているをフレイ見ながら満足そうに笑みを浮かべている。だが・・・・・・
「念には念を入れるの」
「んぁあああぁ!!!(ぐりっ・・・・)んああぁ!!!(ぐり・・・)んぁ!!(ぐり)
パトラの指が根元で回ると悲鳴を上げ、小刻みに全身を震わせると切なげに悲鳴を漏らす。未だ全身を揺する衝撃に体を揺らしつつ・・責めに喘ぎ苦しむ。突き出される薄いや歪む少女の表情?・・菊門で回る指に、耐えるフレイであるが・・・
「うぇええっ!!!(コリコリ!!)えぇっ!!(ぐりぐり!!)ええぇええ・・・!!!」
涙を堅く閉じた目から吹き上げ、口をせいいっぱい開いたフレイの口へ尻からの指を抜き、てらてらと光る液体が付いた指をフレイの口元へ持っていく。
「ほおら。美味しいなの?・・もっといっぱい・・音を立てて・・ほらあ・・遠慮しなくていいなの・・・ん?・・涎あふれちゃって大変なの・全身びしょびしょなの」
「んっ、ちゅぱっ……ちゅっ、ちゅぅっ……ちゅぅぅぅぅっ」
パトラの指を激しく吸い上げるフレイ。夢中になって、唇で扱き舌を絡めて、艶かしく
「ちゅぱっ、れろんっ、いいふぁふぇんに・・・ちゅぅっ、くちゅくちゅっ、ちゅぱ、しふぉ・・がりりっっ!!!!」
パトラの指を食いちぎらんばかりに、歯を立てる。慌てて手を引っ込めようとしても激痛が走るばかり。背後から腕を回し、悶えるパトラを抱き起こすとしっかりとマットを踏みしめてジャーマンスープレックス!容赦のない高角度で投げ捨てていく!
「う、あぁ、あうぅ・・・ぐぅ・・・・・・」
パトラの意思に反して身体は緩慢にしか動かず、かすれた悲鳴を上げて後頭部からマットに叩きつけられた。叩きつけられた状態のまま、高く突き上げられたお尻をぴくつかせている。自分が優位の大勢から一気に逆転されたためろくに受け身も取れていなかった。
「まだだよ……ボクと姉さんの……」
高く上げられたパトラのお尻をピシャリと叩いて、マットに転がしていく。そして、うつ伏せに倒れた胴に腕を回してしっかりと固定すると、マットを踏みしめて持ち上げてしまう。再びジャーマンスープレックス! 先ほどよりも深くマットにパトラの身体を突き立てる!
「・・・・・・ぁ、うぅ、ぅ?・・・・・・」
完全にグロッキー状態のパトラ。痛烈なダメージを食らった今はろくに力も入れられず、意識はあるようだが朦朧としているため、立とうともがくがわずかに体を持ち上げてはマットに突っ伏すのを何度も繰り返している。パトラのテクニックをパワーで覆したフレイ。圧倒され続け、パトラの体力も限界に近付いていた。
「ぐはあっ!!・・ぐあ・・うあああ・・・はううっ・・うく!!」
フレイのベアハッグがパトラを締め上げる。パトラのように相手の急所を責めるような小細工は一切無し。純粋なパワーの圧倒的な差に成す術もなく一方的に極められる。
「・・あ・・ああ・・・もう、やめるの・ぐうううっ!!・・がはっ!!・・ぐうう・・」
「これで止めだぁぁぁぁぁぁぁっ!!」
パトラの身体を上に持ち上げ……マンハッタンドロップ!
「んっきゃああああああぁぁぁ!!なのぉ・・・・・・」
大きく見開かれた瞳がぐるりと白目を剥く。
「う、うえええええぇぇぇぇぇ・・・・・・」
フレイが拘束を解くと、パトラの身体はそのまま膝から滑り落ちマットにうつ伏せに倒れる。お尻を突き出し、両腕を垂らした屈辱的な体勢で止まった。あまりの衝撃に、ピクピクと、肢体が痙攣してコスチュームに包まれたお尻が震えている。
「・・・ぉ、おぼえてろ?なのぉ????」
カンカンカンっ・・・・
パトラの体が薄く消えていくと同時に試合終了を告げる鐘の音。

スポンサーサイト

テーマ : 自作連載小説
ジャンル : 小説・文学

コメントの投稿

非公開コメント

拍手しときます!

No title

どもです!

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
最新記事
プロフィール

ゆうりゅう

Author:ゆうりゅう
FC2ブログへようこそ!

最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。